(株)ライトレール

交通に関する情報やイベント案内を発信します。

『満員電車がなくなる日』:http://www.LRT.co.jp/18man-in/
アマゾン:http://astore.amazon.co.jp/lightrail-22
ツイッター:https://twitter.com/Light_Rail
フェイスブック:https://www.facebook.com/LightRail
工学院大学オープンカレッジ鉄道講座:http://www.LRT.co.jp/kogakuin

■日 時
  2016年5月30日(月) 18:40(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  鉄道は事故からの学びで発展する

■講師
  鉄道技術コンサルタント、金沢工業大学 客員教授
  永瀬和彦(ながせ・かずひこ)氏
  1938(昭和13)年、東京都生まれ
  62(昭和37)年、慶応義塾大学 工学部 機械工学科卒、国鉄入社
  車両設計事務所、鉄道技術研究所を経て、鉄道総合技術研究所
  90(平成2)年、金沢工業大学 機械工学科 教授、2009年、客員教授
  その間、JR西日本 技術顧問等を歴任
  専門は鉄道車両の制御、レールと車輪の接触現象、鉄道事故の防止策など

今回の講師は、鉄道技術コンサルタント、金沢工業大学 客員教授の永瀬和彦氏です。

永瀬氏は、国鉄での車両設計、研究所での車両制御の研究・開発、大学での教育・研究に基づき、長年のご経験と知見をホームページにまとめられています。

「鉄道を斬る!」には、鉄道の事故・災害・現場業務に関わる論考が32件掲載されています。

「研究調査活動」には、実践的な活動11件がまとめられています。

「主な研究発表」には、「学術論文」「研究発表・講演」「評論及び著述」が、鉄道事故・鉄道基礎技術・輸送・車両・ディーゼル機関・海外鉄道・鉄道評論・その他に分けて整理されています。

これだけの50年以上に渡るご経験と蓄積された知見を、前半では40分弱に凝縮してお話下さり、後半及び懇親会ではフリーディスカッションを重ねます。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

鉄道の歴史を紐解くと、起きた事故に対して原因を解明し、それに対する有効な対策を模索し、それを実直に実施することにより、一歩ずつ安全性と信頼性を高めてきました。その積み重ねの上に今日の鉄道があり、まさに「鉄道は事故からの学びで発展」しました。

しかし、逆説的に捉えると、原因が充分には解明できなかった、あるいは、容易に実施できる対策が見出されなかった事故については、現在でも安全性や信頼性の観点から問題が残されており、それを解決することは鉄道をさらに発展させることになるわけです。

今回は、有効な対策を見出せた事故とともに、逆説的な事象も事例に挙げ、今後、鉄道の安全性や信頼性を一層高め得ることをお話します。

■場 所
  豊島区立生活産業プラザ5階 501会議室(池袋駅東口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)

■日 時
  2016年4月25日(月) 18:40(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  鉄道記事の舞台裏

■講師
  週刊東洋経済 臨時増刊号「鉄道全真相」編集長
  大坂直樹(おおさか・なおき)氏
  1963(昭和38)年、北海道生まれ
  1987(昭和62)年、早稲田大学 政治経済学部 政治学科卒
  同年、朝日生命保険会社入社
  盛岡支社、国際部、ブリュッセル現地法人、総合企画部勤務
  2000(平成12)年、東洋経済新報社入社
  産業担当記者として小売り、自動車、化学など幅広い業界を取材
  『週刊東洋経済』『会社四季報』副編集長を歴任
  現在は「東洋経済オンライン・鉄道最前線」編集長も兼務
  日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認投資アナリスト

今回の講師は、週刊東洋経済 臨時増刊号「鉄道全真相」編集長の大坂直樹(YouTubeの5:20~20:20)氏です。

週刊東洋経済では、2008年4月19日号を「鉄道革命」特集としたところ大ヒットとなり、以降は鉄道特集を年に1回発行するようになりました。さらに、それらをベースに内容を充実させた臨時増刊号を毎年発行して来ました。そして、今年の臨時増刊号『鉄道完全解明2016(仮)』の発売日に今回の講義をお願いしました。

毎日、東洋経済オンラインをPCまたはスマホでご覧の方も多いと思います。鉄道ネタの記事が次第に充実し、2015年12月には「鉄道最前線」という独立のページにまで発展しました。毎日、鉄道をテーマとした新たな記事を配信しています。

以上の素晴らしい取組みの中心人物が大坂氏です。自らも適切な取材に基づいた記事を執筆するとともに、鉄道ネタを書けるライターを次々と発掘しています。鉄道への社会の理解を高める大切な仕事をされています。

今回ご参加の方の特典として、週刊東洋経済 臨時増刊『鉄道完全解明2016(仮)』の購入を事前申込み下されば、消費税込み定価980円を800円の特価にてお分けします。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

鉄道は趣味的観点から取上げられがちですが、日本の少子高齢化がもたらす影響、人口集中の弊害、インフラ輸出戦略の実情など、鉄道を通じて日本と世界の様々な問題を学ぶことができます。

弊誌の鉄道特集では、鉄道を切り口にこうした諸問題に迫ります。とは言え、商業誌ですので堅苦しい内容にはせず、一人でも多くの読者に手に取ってもらえるように日々知恵を絞っています。

当日は、これまでのヒット企画を振返りつつ、最新号の読みどころも混ぜながら誌面作りに関する一端を紹介させていただきます。

■場 所
  豊島区立生活産業プラザ5階 501会議室(池袋駅東口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jp へお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)
『鉄道完全解明2016(仮)』の申込み:あり なし

■日 時
  2016年3月28日(月) 18:40(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  由利鉄の最悪の環境を打破

■講師
  春田啓郎(はるた・けいろう)氏
  1952(昭和27)年 東京都生まれ
  1975(昭和50)年、日本大学 経済学部 経済学科卒
  東急観光(株)(後のトップツアー(株)、現東武トップツアーズ(株))入社
  新宿営業所を振出しに、経営企画室、八重洲カウンター支店長
  マルチメディアセンター長、埼玉南支店専門課長などを歴任
  2011(平成23)年、トップツアー(株)早期退職
  公募により由利高原鉄道(株) 代表取締役社長に就任、現在に至る

今回の講師は、由利高原鉄道(株) 代表取締役社長の春田啓郎氏です。

由利高原鉄道 鳥海山ろく線は、JR羽越線の羽後本荘駅から矢島駅までの全長23.0kmで、1985(昭和60)年に国鉄矢島線を引継ぐ第3セクターとして誕生しました。春田氏は公募により2011年に同社社長に就任され、様々なチャレンジを重ねています。

由利高原鉄道(株)は、会社発足の1985年から91年は黒字でしたが、92年から赤字となりました。春田氏が社長就任後は、旅行会社の経験と鉄道ファンの知識を活かし、団体ツアーの招致や様々なイベントを立上げる等、次々と斬新な手法で活性化を図り、赤字幅を縮小しています。2012~14年には日本車輛製造(株)製の新造軽快気動車を3両導入しました。

春田社長は、FacebookTwitterで積極的に情報を発信し、「ローカル鉄道は地域の宝」と提言されています。

2015年11月には、パナソニック単1形乾電池「エボルタ」600本を動力に、埼玉県立川越工業高校電気科「電車班」の生徒が製作した車両で22.615kmを走破し、ギネス世界記録を達成しました。

第82回交通ビジネス塾の講師をお務め下さった若桜鉄道の山田和昭氏も公募社長で、以前は由利鉄のITアドバイザーをされていました。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

秋田県は人口減少率がNo.1の都道府県で、現在102万人の人口が2040年には70万人まで減ると言われています。30年前に国鉄から三セク鉄道に移管された時点では67万人あった輸送人員が、現在は23万人にまで落ち込んでいます。

しかし、利用者が少なく赤字だからと鉄道を廃止しバスに切替えてしまってよいものでしょうか? 鉄道には他では得られない独特の魅力がたくさんあります。

地元の人の利用促進を図りつつ、それ以外の人にも来てもらい、地域にお金を落としてもらう仕組みを作り、地域の活性化とセットでローカル線の経営健全化を目指すのが、現代のローカル線経営の本筋だと思います。

■場 所
  豊島区立生活産業プラザ5階 501会議室(池袋駅東口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)

■日 時
  2016年2月23日(火) 18:40(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  地形図でたどる東京の私鉄発達史

■講師
  今尾恵介(いまお・けいすけ)氏
  1959(昭和34)年生れ、横浜市出身。地図研究家、フリーライター。
  明治大学 文学部 中退。
  雑誌編集者を経て、91(平成3)年より鉄道や地図に関する執筆に従事。
  (一財)日本地図センター 客員研究員。
  日本地図学会 評議員、「地図と地名」専門部会 主査。
  鉄道・地図・地名に関する著書多数。

今回の講師は、地図研究家の今尾恵介氏です。中学生の頃から国土地理院の地形図や時刻表を愛読し、今となってはこの分野のスペシャリストになった方です。

今尾氏は「地形図からはニッポンの過去、現在、未来が透けて見える。」と言います。

『地形図でたどる鉄道史(東日本編・西日本編)』『路面電車-未来型都市交通への提言』その他、多数を執筆され、監修をされた『日本鉄道旅行地図帳』全12号(新潮社)は累計150万部を突破するヒット作です。

最新著として1月6日に『地名の楽しみ』(ちくまプリマー新書)が出版され、さらに2月27日に『地図で解明!  東京の鉄道発達史』(JTBパブリッシング)が出版されます。

今回ご参加の方の特典として、『地名の楽しみ』と『地図で解明! 東京の鉄道発達史』の購入を事前申込み下されば、著者サイン入りの上、それぞれ消費税込み定価929円を500円、1,404円を1,000円の特価にてお分けします。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

首都圏の私鉄の出自はさまざまです。寺社参拝の足として設立された京急や京成をはじめ、両毛の生糸や絹織物を輸出するのが主目的だった東武、砂利運搬が大きな比重を占めた相鉄、そして「田園都市」住民の足として始まった東急など。

その後、各社とも時代の進展につれてそれぞれの変貌を遂げました。明治の黎明期に始まり、第一次大戦後にサラリーマン層が急増した大正期、昭和戦前の観光の時代から戦時体制を経て高度成長期、そして成熟期を迎えた今日にまで至りました。時代を先導し、時には振り回され、また急増する乗客を見事にさばいてきた私鉄の姿を、地形図を軸に見ていきたいと思います。

■場 所
  会場は豊島区立生活産業プラザ5階 501会議室(池袋駅東口徒歩7分)です。

■タイムテーブル
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)
『地名の楽しみ』『地図で解明! 東京の鉄道発達史』の申込み:

明けましておめでとうございます。皆様のお陰で、弊社は創業以来11回目の新年を迎えられました。

数年前からマスコミに登場する機会が増え、昨年は特に増えました。テレビだけで計40回くらいあり、新聞・雑誌・ラジオ・ネットではもっとありました。

お会いする多くの方から「テレビで見た」「新聞で見た」と言われることも多く、情報発信できる機会を活用し、社会の鉄道への理解を高めることに多少なりともお役立ちしたいと心掛けています。また、勇み足の発言を反省することもありますが、会社の信用力向上にも役立っていると思います。

新年では、『サンデー毎日』1/17号の「2016日本経済大予測 専門家20人が徹底分析」にコメントが掲載されました。

【北海道新幹線ブームは起きない】
真摯な議論が始まることを願い、あえて乱暴な物言いをしました。

貨物新幹線の検討が始まりました。青森と函館に基地を設け、クレーンにより在来線と新幹線の貨物列車間でコンテナを積替えるものです。

昨年6/15に出版された『鉄道ビジネス学』(宝島社)にてインタビュー受け、「未来の鉄道ビジネスのあるべき姿と11のアイデア」と称して5ページ掲載され、以下の⑨のように貨物新幹線を提案しました。
 ①新たな信号システム導入による増発
 ②大都市鉄道の24時間運行
 ③走行中の分割・併合
 ④ICカードを活用した時間帯別運賃
 ⑤ICカードによる有料座席
 ⑥対面乗り換えで「やり過ぎない直通運転」
 ⑦千鳥停車による増発・スピードアップ
 ⑧総2階建て車両と2層式ホーム
 ⑨貨物新幹線の運行
 ⑩夜行寝台新幹線の運行
 ⑪交通ユニバーサル税の導入

東北新幹線は、上越・北陸新幹線と分岐する大宮以北は線路容量に余裕があるので、貨物新幹線は青森-函館に限定せず、大宮のできるだけ近くまで運行する方が得策です。積替え基地は新幹線と在来線が交差する久喜が最適だと考えます。

貨物列車を久喜-函館で新幹線運行とすれば、北海道-東北・首都圏以西の所要時間が大幅に短縮され、シェア49%のトラックと33%の船に対する競争力が格段に向上し、鉄道のシェア18%を相当向上できるでしょう。JR貨物からJR北海道への線路使用料も増えます。何より、青函トンネル内で貨物列車が高速化することにより、旅客列車が貨物列車に追付きにくくなり、高速化と増便を同時に実行できます。

北海道新幹線は、ブームが起きるほど便利になって欲しいと願っています。

【通勤時の有料の着席サービスの導入が進む30%】
30%と回答したのは有料着席サービスへの社会の関心が高まる確率のことで、導入が進む確率は100%です。そして、それは着席したいニーズと比べたらごくわずかです。商品価値の向上をうまく客単価の向上に結びつければ、首都圏で年に兆円単位の増収となります。

大手民鉄主要7社の運賃収入の合計に匹敵し、満員電車を解消するための技術開発・設備投資・運営費増の資金を生み出せます。信じがたい金額ですが、鉄道はそれだけの潜在マーケットを持ち、人々のニーズにうまく応えられれば、おおいに発展するということです。

有料着席サービスへの社会の関心が高まり、鉄道を発展させる切っ掛けとなることを願っています。

【鉄道事業で儲けを出すことを躊躇していた鉄道会社が変わる】
秋と見込まれるJR九州の株式上場とは、国の庇護から外れ独立独歩の経営に移行するということです。鉄道事業で儲けを出すことへの躊躇が不要となります。赤字ローカル線を片っ端から廃線というわけにはいきませんが、前向きな輸送改善策により増収を図る余地が膨大にあると考えます。

昨年12/18のBSフジのプライムニュースに唐池会長が出演され、前編の11.30~12.05にて、「列車本数を増やした。新しい駅を60も70も作った。どんどん設備投資をした。ダイヤも便利にした。スピードアップもした。そうすると、28年前はほとんど全線区が赤字だったのが、かなり黒字線区が増えてきた。やればできる部分がまだまだ残っていると、実感として分かった。」と発言されました。

九州の鉄道は、国鉄末期から平成1桁までの間、都市間・都市圏とも輸送改善を進め、利用者も売上げも増やし、地域活性化にも大きく貢献しました。その後、金利低下に伴う経営安定基金の運用益低下とともに、経費節減優先に方針転換して輸送改善は進まず、利用者も売上げも減少傾向となりました。その間に、公共事業でインフラ整備された新幹線の2回の開業の際のみ大きな増収効果がありました。

唐池会長が言われるように原点に立返り、新幹線・都市間・大都市の輸送改善を進めることにより、鉄道事業で儲けを出すようになることを期待します。


弊社は創業以来、首尾一貫して「良質な交通サービスを低コストに実現」する方策を提案してきました。上記でご紹介した3点はその一端です。東京の交通に関することは、講談社「現代ビジネス」の【沿線革命】の連載63回に綴りました。

運営を担当している「工学院大学オープンカレッジ鉄道講座」では、1~3月に基礎講座「鉄道の技術開発」を、2/2にトピックス講座「災害に強い鉄道にするために」を開講します。

交通ビジネス塾は昨年までで90回を数え、1/12に開催した「東京圏の将来:Beyond 2020」(日本大学 岸井隆幸教授)は大好評だったので、2/20に同内容にて開催します。

未来を見据えつつ目前の一歩一歩を確実に踏みしめ、交通の未来を拓くため本年も精一杯取組んで参ります。変らぬご愛顧、ご指導、ご鞭撻をお願い致します。

このページのトップヘ