(株)ライトレール

交通に関する情報やイベント案内を発信します。

『満員電車がなくなる日』:http://www.LRT.co.jp/18man-in/
アマゾン:http://astore.amazon.co.jp/lightrail-22
ツイッター:https://twitter.com/Light_Rail
フェイスブック:https://www.facebook.com/LightRail
工学院大学オープンカレッジ鉄道講座:http://www.LRT.co.jp/kogakuin

明けましておめでとうございます。皆様のお陰で、弊社は創業以来11回目の新年を迎えられました。

数年前からマスコミに登場する機会が増え、昨年は特に増えました。テレビだけで計40回くらいあり、新聞・雑誌・ラジオ・ネットではもっとありました。

お会いする多くの方から「テレビで見た」「新聞で見た」と言われることも多く、情報発信できる機会を活用し、社会の鉄道への理解を高めることに多少なりともお役立ちしたいと心掛けています。また、勇み足の発言を反省することもありますが、会社の信用力向上にも役立っていると思います。

新年では、『サンデー毎日』1/17号の「2016日本経済大予測 専門家20人が徹底分析」にコメントが掲載されました。

【北海道新幹線ブームは起きない】
真摯な議論が始まることを願い、あえて乱暴な物言いをしました。

貨物新幹線の検討が始まりました。青森と函館に基地を設け、クレーンにより在来線と新幹線の貨物列車間でコンテナを積替えるものです。

昨年6/15に出版された『鉄道ビジネス学』(宝島社)にてインタビュー受け、「未来の鉄道ビジネスのあるべき姿と11のアイデア」と称して5ページ掲載され、以下の⑨のように貨物新幹線を提案しました。
 ①新たな信号システム導入による増発
 ②大都市鉄道の24時間運行
 ③走行中の分割・併合
 ④ICカードを活用した時間帯別運賃
 ⑤ICカードによる有料座席
 ⑥対面乗り換えで「やり過ぎない直通運転」
 ⑦千鳥停車による増発・スピードアップ
 ⑧総2階建て車両と2層式ホーム
 ⑨貨物新幹線の運行
 ⑩夜行寝台新幹線の運行
 ⑪交通ユニバーサル税の導入

東北新幹線は、上越・北陸新幹線と分岐する大宮以北は線路容量に余裕があるので、貨物新幹線は青森-函館に限定せず、大宮のできるだけ近くまで運行する方が得策です。積替え基地は新幹線と在来線が交差する久喜が最適だと考えます。

貨物列車を久喜-函館で新幹線運行とすれば、北海道-東北・首都圏以西の所要時間が大幅に短縮され、シェア49%のトラックと33%の船に対する競争力が格段に向上し、鉄道のシェア18%を相当向上できるでしょう。JR貨物からJR北海道への線路使用料も増えます。何より、青函トンネル内で貨物列車が高速化することにより、旅客列車が貨物列車に追付きにくくなり、高速化と増便を同時に実行できます。

北海道新幹線は、ブームが起きるほど便利になって欲しいと願っています。

【通勤時の有料の着席サービスの導入が進む30%】
30%と回答したのは有料着席サービスへの社会の関心が高まる確率のことで、導入が進む確率は100%です。そして、それは着席したいニーズと比べたらごくわずかです。商品価値の向上をうまく客単価の向上に結びつければ、首都圏で年に兆円単位の増収となります。

大手民鉄主要7社の運賃収入の合計に匹敵し、満員電車を解消するための技術開発・設備投資・運営費増の資金を生み出せます。信じがたい金額ですが、鉄道はそれだけの潜在マーケットを持ち、人々のニーズにうまく応えられれば、おおいに発展するということです。

有料着席サービスへの社会の関心が高まり、鉄道を発展させる切っ掛けとなることを願っています。

【鉄道事業で儲けを出すことを躊躇していた鉄道会社が変わる】
秋と見込まれるJR九州の株式上場とは、国の庇護から外れ独立独歩の経営に移行するということです。鉄道事業で儲けを出すことへの躊躇が不要となります。赤字ローカル線を片っ端から廃線というわけにはいきませんが、前向きな輸送改善策により増収を図る余地が膨大にあると考えます。

昨年12/18のBSフジのプライムニュースに唐池会長が出演され、前編の11.30~12.05にて、「列車本数を増やした。新しい駅を60も70も作った。どんどん設備投資をした。ダイヤも便利にした。スピードアップもした。そうすると、28年前はほとんど全線区が赤字だったのが、かなり黒字線区が増えてきた。やればできる部分がまだまだ残っていると、実感として分かった。」と発言されました。

九州の鉄道は、国鉄末期から平成1桁までの間、都市間・都市圏とも輸送改善を進め、利用者も売上げも増やし、地域活性化にも大きく貢献しました。その後、金利低下に伴う経営安定基金の運用益低下とともに、経費節減優先に方針転換して輸送改善は進まず、利用者も売上げも減少傾向となりました。その間に、公共事業でインフラ整備された新幹線の2回の開業の際のみ大きな増収効果がありました。

唐池会長が言われるように原点に立返り、新幹線・都市間・大都市の輸送改善を進めることにより、鉄道事業で儲けを出すようになることを期待します。


弊社は創業以来、首尾一貫して「良質な交通サービスを低コストに実現」する方策を提案してきました。上記でご紹介した3点はその一端です。東京の交通に関することは、講談社「現代ビジネス」の【沿線革命】の連載63回に綴りました。

運営を担当している「工学院大学オープンカレッジ鉄道講座」では、1~3月に基礎講座「鉄道の技術開発」を、2/2にトピックス講座「災害に強い鉄道にするために」を開講します。

交通ビジネス塾は昨年までで90回を数え、1/12に開催した「東京圏の将来:Beyond 2020」(日本大学 岸井隆幸教授)は大好評だったので、2/20に同内容にて開催します。

未来を見据えつつ目前の一歩一歩を確実に踏みしめ、交通の未来を拓くため本年も精一杯取組んで参ります。変らぬご愛顧、ご指導、ご鞭撻をお願い致します。

■日 時
  2016年2月20日(土) 13:30(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  東京圏の将来:Beyond 2020

■講 師
  岸井隆幸(きしい・たかゆき)氏
  日本大学 理工学部 土木工学科 教授

1月12日(火)の第91回は非常に多くのご参加申込みをお受けしました。交通ビジネス塾が常に志向している双方向のコミュニケーションや智の創発のためには、参加人数は一定数以内の方が好ましいので、同内容にて追加開催します。

初の試みとして週末の開催とし、今まで毎回いくら時間があっても足りないという感じでしたが、今回は少し長く時間を取れます。既に第91回にお申込み済みの方も、ご都合が付き、より深いQ&A+フリーディスカッションをご希望の方は、こちらにご参加下さい。

講師略歴・内容等は第91回と同一です。

岸井教授は、今後の東京圏の鉄道ネットワークを定めるキーパーソンでいらっしゃると同時に、迷走した新国立競技場のデザイン選定国際コンペの審査委員を務めた際、「本当にこのとおり軽やかに建設できるか危惧を持っている。」と断言された気骨のある方です。

なお、交通政策審議会答申に向けた各地の動きが日経新聞1/7(木)付に掲載されました(リンクは有料会員限定)。
 「街に鉄道を」PR合戦 交通審、年度内にも答申
 大田区、ラッピング電車 練馬区、事業費積み立て
 国の交通政策審議会(国土交通相の諮問機関)が、鉄道整備の優先度を示す15年ぶりの答申を2015年度中にもまとめる。首都圏では都心や空港へのアクセス改善などを目指した新線や延伸の構想が林立。各地で署名活動や経済波及効果の試算、基金の創設など答申への反映を目指した取り組みが熱を帯びている。

■会 場
  豊島区立生活産業プラザ7階701会議室(池袋駅東口徒歩7分)

■タイムテーブル
  13:30~14:10 講師による講義
  14:10~14:40 参加者の自己紹介
  14:40~14:50 休憩
  14:50~16:00 Q&A+フリーディスカッション
  16:00~16:50 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)

■日 時
  2016年1月12日(火) 18:40(5分前までに集合下さい)
  <一部の方に1月12日(月)とお知らせしてしまったのは誤りです>

■テーマ
  東京圏の将来:Beyond 2020

■講 師
  岸井隆幸(きしい・たかゆき)氏
  1953(昭和28)年生れ、75年、東京大学 工学部 都市工学科卒
  77年、同大学院修士課程修了、建設省入省
  都市局にて都市計画行政・区画整理行政を担当
  日本住宅公団(現UR)、石川県、越谷市、国鉄清算事業団にも勤務
  92(平成4)年、建設省退職、日本大学 理工学部 土木工学科 専任講師
  95年、同助教授、98年より現職、2010~11年度、日本都市計画学会 会長
  現在、国土交通省 交通政策審議会 委員、
  東京都 都市計画審議会 都市づくり調査特別委員会 委員長、
  神奈川県 都市計画審議会 会長、
  都市再生機構 事業評価監視委員会 副委員長など

今回の講師は、日本大学 理工学部 土木工学科 教授の岸井隆幸氏です。

岸井教授は、都市計画、特に都市交通をご専門とされ、国土交通省や自治体の多数の審議会その他の委員を務め、交通政策審議会の東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会の委員も務めています。

運輸政策審議会2000年答申『東京圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について』の目標年次は2015年だったので、今年度中に答申される交通政策審議会答申は、目標年次を2030年とすると思われます。

国は計画作成に当り、自治体や鉄道事業者の意見を尊重します。その中で最も影響力の大きい東京都は、2005年7月に『広域交通ネットワーク計画について≪交通政策審議会答申に向けた検討のまとめ≫』を取りまとめ、その検討委員会の委員長でした。

以上のように、今後15年間の東京圏の鉄道ネットワーク整備の方向性を定める中枢にいらっしゃる方です。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

東京圏の都市計画と都市交通計画に関する最近の動きをご紹介します。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会に向けた動き、その後のレガシーに対する考え方、2025~30年を見据えた鉄道網と幹線都市計画道路の整備計画、2040年代を視野に置いたグランドデザインなど、東京を巡る動きが急速です。

こうした様々な計画作りが今どのような段階にあり、どのように関係性を持ってくるのかについてご紹介した上で、これから何に取組むべきか、皆さんと一緒に議論をしてみたいと思います。

■会 場
  豊島区立生活産業プラザ5階 501会議室(池袋駅東口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)

■日 時
  2015年11月20日(金) 18:40(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  別所線の活性化施策は成果を得られるか?!

■講師
  今成孝雄(いまなり・たかお)氏
  1956(昭和31)年生まれ
  79年、山形大学 工学部 電気工学科卒、東急電鉄(株)入社
  2004(平成16)年、鉄道事業本部 電気部長
  08年、執行役員 鉄道事業本部 副事業本部長
  13年、伊豆急行(株) 専務取締役
  15年より現職

今回の講師は、上田電鉄(株) 代表取締役社長の今成孝雄氏です。

上田電鉄の別所線は上田-別所温泉15駅、11.6km、単線電化の路線です。

大正年間の丸子鉄道と上田温泉電軌から始まる様々な歴史を経て、上田盆地に、最盛期の1938(昭和13)年には全長57.2kmの鉄路が張り巡らされました。

自動車の普及とともに旅客・貨物とも利用が減り、最後まで残った別所線も経営は厳しく何回もの存亡の危機を乗越えてきました。関係者の協議の末、2004(平成16)年度から国・長野県・上田市が安全対策を中心とした設備投資へ補助することとなり、以降毎年3者併せて1~2億円が投じられています。05(平成17)年に上田交通(株)から上田電鉄(株)が分社して新経営体制となって以降、利用減は下げ止まっています。

上田市の交通政策課が事務局となった存続期成同盟会と再生支援協議会が熱心な取組みを重ねています。

地元のサポートは、国交省 北陸信越運輸局『公共交通の利用促進に向けた地域のサポート事例集』P20,21,53に掲載されています。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

上田電鉄は、一時は5路線、57.2㎞の路線網がありましたが、順次廃線となり、現在は別所線の1路線のみとなりました。その経緯もあり、地元では、1路線しかないのに上田電鉄線とは呼ばず、別所線と呼ばれています。

その別所線、10年前に「残すか、廃線か?」の決断を迫られました。理由の一つは、安全性緊急評価の結果、安全運行を確保するには多額の費用が必要であることが明らかになったことです。

その時何が起きたか? 沿線の皆様による存続に対する署名活動や公的支援の要望活動など、様々な活動、取組みがありました。

その後10年間、自治体支援の下、安全対策事業を進めつつ、様々な利用促進施策に取組んでおります。それには、電鉄自体の取組みの他、10年前に立ち上がった電車存続期成同盟会などの組織や、沿線地域の方々によるものが多くありました。さて、その結果はどうなったでしょうか?

今回紹介させていただく内容は、上田電鉄の
 Ⅰ.概要:別所線の魅力とは?
 Ⅱ.安全施策:田んぼの中を走る鉄路をどう守るか?
 Ⅲ.利用促進施策:スローガン「乗って残そう」から進化できるか?
です。よろしくお願いします。

■場 所
  豊島区立生活産業プラザ5階 501会議室(池袋駅東口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)

■日 時
  2015年10月30日(金) 18:40(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  北陸新幹線レボリューション

■講師
  藤澤和弘(ふじさわ・かずひろ)氏
  (一財)北陸経済研究所 主任研究員
  1964(昭和39)年生まれ
  87年、大阪府立大学 経済学部卒、(株)北陸銀行入行
  福井・横浜・新宿・東京支店、東京調査・総合事務・北海道業務・金融公金部等。
  中央信託銀行、北陸経済連合会他に出向。
  2012(平成24)年1月、現職。
  著書『北陸新幹線レボリューション』(交通新聞社新書、15年8月15日)

今回の講師は、(一財)北陸経済研究所 主任研究員の藤澤和弘氏です。
 http://www.hokukei.or.jp

本年3月に北陸新幹線が金沢まで延伸開業しました。北陸を知り尽くす藤澤氏は、開業効果を維持するための方策をマスコミにも積極的に提言されてきました。『北陸新幹線レボリューション』を上梓され、北陸の交通・観光・経済・他地域連携などを多角的に検証されています。
 http://shop.kotsu.co.jp/shopdetail/000000001658/

2013年には、地方シンクタンク協議会「論文アワード2013」にて、「災害関連死を防ぐために」が優秀賞を受賞されました。
 http://www.think-t.gr.jp/katudou/award2013result

2015年4月15日には、NHK「視点・論点」「シリーズ地方創生 北陸の観光産業 現状と課題」に出演して解説されました。
 http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/214442.html

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

ライトレール様が主催する場でお話をさせていただくこと、大変光栄に存じます。

北陸に念願の新幹線が延伸されて半年、50年来の悲願は上々の滑り出しを見せています。拙著に示した新幹線の歴史や高規格路線のもたらすメリットやデメリットについては、すでに皆様ご承知のことと思います。今回はそれらに加え、開業前後と開業後半年を迎えての北陸各都市の戦略と現状等をお伝えできればと思います。

ご承知の通り、新幹線さえ開通すれば地域は安寧という時代ではありません。それなりの代償を支払ってのインフラです。単純にこれで人が来て地域が潤うというのは昭和的発想で、北陸ではそのように捉える関係者が多いことが非常に残念です。

北陸新幹線開業に伴う、現状の北陸各都市の取組みをご紹介するとともに、かつて「裏日本」と呼ばれた北陸地域の地政学的な転換についてもご説明致します。

■場 所
  豊島区立勤労福祉会館4階 第3・4会議室(池袋駅西口徒歩7分)
  http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/

■タイムテーブル(参加しやすいよう、開始を前回までより10分遅くします)
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下を info@LRT.co.jp へお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)

このページのトップヘ