■日 時
  2014年4月25日(金) 18:30(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  ナビゲーションデータが切り拓く交通分析の未来

■講 師
  太田恒平(おおた・こうへい)氏
  (株)ナビタイムジャパン 交通コンサルティング事業 経路検索チーフエンジニア
  2007(平成19)年、東京大学 工学部 社会基盤学科卒
  09年、同大学院 新領域創成科学研究科 社会文化環境学専攻修了
  同年、(株)ナビタイムジャパン入社、経路探索エンジン開発等に従事
  12年、交通コンサルティング事業を立上げ、現在に至る

今回の講師は、(株)ナビタイムジャパン 交通コンサルティング事業 経路検索チーフエンジニアの太田恒平氏です。

(株)ナビタイムジャパンは、2000年に設立されたナビゲーションのサイト運営及びアプリ開発の最大手です。鉄道の駅や車内の各所に、外国人モデルのあの印象的な広告を出している会社です。

同社の交通コンサルティング事業では、蓄積された膨大なデータと技術を活かし、交通や移動に関するデータ提供・分析・コンサルティングを行なっており、将来はナビゲーションに加え、交通自体の最適化や、地域の活性化による移動全体の最適化を目指しています。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

カーナビや乗換検索といったナビゲーションサービスは、交通インフラの一翼と言えるほど普及しています。当社は複数の交通手段を組合せた経路検索技術を軸としたナビゲーションサービスを提供しており、月間ユニークユーザ数は2000万にものぼります。

2012年10月に開始した交通コンサルティング事業では、ナビゲーションサービスで用いられる各種データや、ユーザの移動やサービス利用実績に関するビッグデータを、交通インフラ自体の改善のための分析に用いています。今回は下記のデータ分析事例をご紹介します。
 ・携帯カーナビプローブデータを用いた道路交通分析 ~都内で最も混む信号はどこ?~
 ・経路検索実績データを用いた突発的移動需要予測 ~いつ、どこに、どこから人はやってくる?~
 ・時刻表データを用いた公共交通利便性評価 ~乗換が不便なのはどこ?~

交通事業者が持つICカード・自動改札機・車両センサ等のデータだけではない、交通ビッグデータ分析の世界をご紹介します。

■場 所
  豊島区立勤労福祉会館6階 第7会議室(池袋駅西口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:30~19:10 講師による講義
  19:10~19:40 参加者の自己紹介
  19:40~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jp へお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など: