■日 時
  2015年2月20日(金) 18:30(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  東京駅とその周辺の変遷 -建築・都市・交通-

■講師
  大内田史郎(おおうちだ・しろう)氏
  工学院大学 建築学部 建築デザイン学科 准教授
  1974(昭和49)年、静岡県生まれ
  97年、工学院大学 工学部 建築学科卒
  99年、同大学院 工学系研究科 建築学専攻修了、JR東日本入社
  長野支社、東京工事事務所、(株)ジェイアール東日本建築設計事務所に勤務
  2006(平成18)年、博士(工学)(東京大学)
  14年、現職

今回の講師は、工学院大学 建築学部 建築デザイン学科 准教授の大内田史郎氏です。

研究室では近代建築史と保存・再生デザインを専門としています。

大内田氏は、JR東日本の東京工事事務所と(株)ジェイアール東日本建築設計事務所(出向)に在職中、約12年間に渡り東京駅丸の内駅舎保存・復原の計画から工事監理に従事されました。日本建築学会その他にて、その関連の論文執筆や講演を多数されています。

今回、東京駅が昨年12月に100周年を迎えた中、その保存・復原の実務に携わり、現在は学術的な立場から研究・教育に携わる大内田氏から、東京駅とその周辺の変遷についてお話を伺います。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

昨年12月に開業100周年を迎えた東京駅は、これからの100年に向けて新たな一歩を踏み出しました。本講義では、東京駅を中心に、その周辺の建築・都市・交通の発展を横断的に捉えることにより、これまでの100年間の変遷を様々な視点や分野から振返るとともに、東京駅とその周辺の今後のあり方を探る機会にしたいと思います。

■場 所
  豊島区立勤労福祉会館6階 第7会議室(池袋駅西口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:30~19:10 講師による講義
  19:10~19:40 参加者の自己紹介
  19:40~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回
のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジ
ネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下を info@LRT.co.jp へお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など: