■日 時
  2016年2月20日(土) 13:30(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  東京圏の将来:Beyond 2020

■講 師
  岸井隆幸(きしい・たかゆき)氏
  日本大学 理工学部 土木工学科 教授

1月12日(火)の第91回は非常に多くのご参加申込みをお受けしました。交通ビジネス塾が常に志向している双方向のコミュニケーションや智の創発のためには、参加人数は一定数以内の方が好ましいので、同内容にて追加開催します。

初の試みとして週末の開催とし、今まで毎回いくら時間があっても足りないという感じでしたが、今回は少し長く時間を取れます。既に第91回にお申込み済みの方も、ご都合が付き、より深いQ&A+フリーディスカッションをご希望の方は、こちらにご参加下さい。

講師略歴・内容等は第91回と同一です。

岸井教授は、今後の東京圏の鉄道ネットワークを定めるキーパーソンでいらっしゃると同時に、迷走した新国立競技場のデザイン選定国際コンペの審査委員を務めた際、「本当にこのとおり軽やかに建設できるか危惧を持っている。」と断言された気骨のある方です。

なお、交通政策審議会答申に向けた各地の動きが日経新聞1/7(木)付に掲載されました(リンクは有料会員限定)。
 「街に鉄道を」PR合戦 交通審、年度内にも答申
 大田区、ラッピング電車 練馬区、事業費積み立て
 国の交通政策審議会(国土交通相の諮問機関)が、鉄道整備の優先度を示す15年ぶりの答申を2015年度中にもまとめる。首都圏では都心や空港へのアクセス改善などを目指した新線や延伸の構想が林立。各地で署名活動や経済波及効果の試算、基金の創設など答申への反映を目指した取り組みが熱を帯びている。

■会 場
  豊島区立生活産業プラザ7階701会議室(池袋駅東口徒歩7分)

■タイムテーブル
  13:30~14:10 講師による講義
  14:10~14:40 参加者の自己紹介
  14:40~14:50 休憩
  14:50~16:00 Q&A+フリーディスカッション
  16:00~16:50 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)