■日 時
  2016年3月28日(月) 18:40(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  由利鉄の最悪の環境を打破

■講師
  春田啓郎(はるた・けいろう)氏
  1952(昭和27)年 東京都生まれ
  1975(昭和50)年、日本大学 経済学部 経済学科卒
  東急観光(株)(後のトップツアー(株)、現東武トップツアーズ(株))入社
  新宿営業所を振出しに、経営企画室、八重洲カウンター支店長
  マルチメディアセンター長、埼玉南支店専門課長などを歴任
  2011(平成23)年、トップツアー(株)早期退職
  公募により由利高原鉄道(株) 代表取締役社長に就任、現在に至る

今回の講師は、由利高原鉄道(株) 代表取締役社長の春田啓郎氏です。

由利高原鉄道 鳥海山ろく線は、JR羽越線の羽後本荘駅から矢島駅までの全長23.0kmで、1985(昭和60)年に国鉄矢島線を引継ぐ第3セクターとして誕生しました。春田氏は公募により2011年に同社社長に就任され、様々なチャレンジを重ねています。

由利高原鉄道(株)は、会社発足の1985年から91年は黒字でしたが、92年から赤字となりました。春田氏が社長就任後は、旅行会社の経験と鉄道ファンの知識を活かし、団体ツアーの招致や様々なイベントを立上げる等、次々と斬新な手法で活性化を図り、赤字幅を縮小しています。2012~14年には日本車輛製造(株)製の新造軽快気動車を3両導入しました。

春田社長は、FacebookTwitterで積極的に情報を発信し、「ローカル鉄道は地域の宝」と提言されています。

2015年11月には、パナソニック単1形乾電池「エボルタ」600本を動力に、埼玉県立川越工業高校電気科「電車班」の生徒が製作した車両で22.615kmを走破し、ギネス世界記録を達成しました。

第82回交通ビジネス塾の講師をお務め下さった若桜鉄道の山田和昭氏も公募社長で、以前は由利鉄のITアドバイザーをされていました。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

秋田県は人口減少率がNo.1の都道府県で、現在102万人の人口が2040年には70万人まで減ると言われています。30年前に国鉄から三セク鉄道に移管された時点では67万人あった輸送人員が、現在は23万人にまで落ち込んでいます。

しかし、利用者が少なく赤字だからと鉄道を廃止しバスに切替えてしまってよいものでしょうか? 鉄道には他では得られない独特の魅力がたくさんあります。

地元の人の利用促進を図りつつ、それ以外の人にも来てもらい、地域にお金を落としてもらう仕組みを作り、地域の活性化とセットでローカル線の経営健全化を目指すのが、現代のローカル線経営の本筋だと思います。

■場 所
  豊島区立生活産業プラザ5階 501会議室(池袋駅東口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)