以下により開催しますので、ご参加(どなたもお立場は個人です)をお待ちしております。遠方やご都合の合わない方のために、当日資料の印刷物を参加費の半額(今回は本代を除いた1,500円、本を希望の方は+500円)にてお分けします。ご希望の方はお知らせ下さい。前回までの開催案内等はこちらをご覧下さい。


■□■□■□■□■□■□■
第116回「交通ビジネス塾」
■□■□■□■□■□■□■

■日 時
  2018年11月5日(月) 18:40(5分前までに集合下さい)


■テーマ
  FDA(フジドリームエアラインズ)の挑戦


■講師
  鈴与ホールディングス(株) フェロー
  内山拓郎(うちやま・たくろう)氏
  1942(昭和17)年、兵庫県生れ
  67(昭和42)年、京都大学 法学部卒、日本郵船(株)入社
  84(昭和59)年、日本貨物航空(株)出向、大阪営業所長
  2003(平成15)年、社長、07(平成19)年、副会長
  08(平成20)年、鈴与入社、(株)フジドリームエアラインズ 特別顧問
  副社長、副会長、相談役を経て18(平成30)年に退職し現職


今回の講師は、鈴与ホールディングス(株) フェローの内山拓郎氏です。鈴与は1801年創業の老舗企業で、物流、建設、食品、航空、地域開発事業などを営みます。リージョナル航空事業を担うFDAは、第8代鈴木与平氏の思いにより生れました。2009年の日経ビジネスのインタビュー記事では、以下のような特徴的なビジネスモデルが語られています。
 ・大手航空会社が飛ばない地方と地方を結ぶ
 ・地方・地方路線で採算を取りやすい76~84人乗り
 ・乗り心地を重視してプロペラ機でなくジェット機
 ・「ロー・コスト」は徹底するが「ロー・プライス」にはしない

内山氏は、鈴木氏の意を受け、FDAの立上げ期から経営が順調になるまでの10年間に陣頭指揮を取りました。それ以前は、日本郵船での17年間の海運事業の経験を経た後、日本貨物航空の立上げ期から経営が順調になるまでの24年間に携わりました。その間の海運・航空事業のサービス・技術・経営に渡る様々なご経験は『空に道あり その道を進む』(中部経済新聞社)にまとめられています。

現在のFDAは、静岡・名古屋・松本空港を拠点に他の航空会社と競合しない地方都市間を結び、創業以来の経営方針を守っています。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。


FDAは、2009(平成21)年に、「地方と地方を結ぶ」というコンセプトで、静岡空港より運行開始した日本唯一の「地方・地方」路線専門の航空会社です。


地方航空路線の数は2007年の56から2017年には37となり、旅客数も減っています。減少の大きな理由は、新幹線が各地に開通したことや、種々の理由で大手エアラインが撤退したことです。しかし、地方航空路線はその地方にとっては重要な役割があります。地方航空路線の存在がその地方の産業・観光や生活を支える大きな役割を担っており、地方活性化のためには不可欠な存在です。


そのような地方航空路線を維持することは大変で、航空会社だけの努力では限界があり、地方の皆様の協力が不可欠です。FDAがどのようにして、大手が撤退した地方・地方路線を開始・維持発展させてきたかを、その歴史を通じてご紹介します。


■場 所
  IKE・Bizとしま産業振興プラザ 6階 第3会議室(池袋駅西口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:40~19:20 講師による講義
  19:20~19:45 参加者の自己紹介
  19:45~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方


■参加費
  社会人3,500円、学生1,500円、懇親会1,000円(希望者)
  通常回より500円割増とし『空に道あり その道を進む』(864円)を配布


■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回
  のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通
  ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。


■お申込み
  以下をinfo@LRT.co.jpへお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)