<4/21(水)に5/22(土)への延期を記載>
<4/11(日)に申込みのURLを記載>
今回もリアルとオンラインのハイブリッド開催とし、対面の良さと遠方の方のご参加しやすさを両立させ、また後日にアーカイブ聴講もできるようにします。

以下により開催しますので、ご参加(どなたもお立場は個人です)をお待ちしております。前回までの開催案内等はhttp://www.LRT.co.jp/kbjをご覧下さい。

■□■□■□■□■□■□■
第134回「交通ビジネス塾」
■□■□■□■□■□■□■
■日 時
 2021年4月24日5月22日(土) 13:40~16:50 or 15:30
 ※緊急事態宣言の発令見込みに伴い総合的に判断して延期としました。

■テーマ
 藻谷浩介氏と鉄道の未来について対談

■講 師
 (株)日本総合研究所 主席研究員
 藻谷浩介(もたに・こうすけ)氏
 1964(昭和39)年、山口県生まれ
 88年、東京大学 法学部卒、日本開発銀行(現(株)日本政策投資銀行)入行
 94(平成6)年、米国コロンビア大学 経営大学院卒(MBA)
 2012年、(株)日本総合研究所 主席研究員、現在に至る
 平成合併前の3,200市町村全てと海外114国(55国で鉄道乗車)を巡歴
 地形・交通・産業・人口・通勤通学動態・郷土史等を詳細に把握
 国内の定期運行の鉄軌道(JR・民鉄・公営交通)全線を完乗
 地域振興や人口成熟問題に関し精力的に研究・著作・講演
 各府省庁の審議会の委員、大学の非常勤講師等を多数お務め
 著書は50万部の『デフレの正体』、40万部の『里山資本主義』等多数

今回の講師は、(株)日本総合研究所 主席研究員の藻谷浩介氏です。交通やまちづくりに関心をお持ちの方は皆様ご存知だと思います。

広報誌「みんてつ」2021年春号の『新型コロナウイルスの地政学と新常態の地域観光』では、厳しい事態に直面している鉄道を含む集客交流産業の「新常態」における新しいありようを論じています。

著作を読み、また講演を聴講した方はよくご存知の通り、藻谷氏は現場とデータに基づき、地理や歴史を熟知した上で深い考察を重ね、分かりやすく解説します。そして、ご本人曰く、大の鉄道好きで鉄道こそ最重要の交通基盤とのお考えです。

今回、そんな藻谷氏が阿部の提案する『アフターコロナの鉄道イノベーション』をテーマに対談下さります。

藻谷氏講演・阿部講演・両者対談はリアルとオンラインのハイブリッドとし、さらに20名限定のリアル参加の皆様には70分のフリーディスカッションを設定し、全員が藻谷氏と直接対話できるようにします。

オンライン参加の皆様には、アプリで質問・意見を募り、参加者全員の投票にて「いいね」が多いものを対談の中で取上げて発言して頂けるようにします。さらに、講演と対談までをアーカイブ視聴できるようにします。

以下、藻谷氏からの当日の内容に関するご紹介です。

★講演
①新型コロナウイルス感染は、鉄道車両内や駅構内で起きているのか?
②「鉄道は赤字なら廃止、道路は無条件に税金で維持」は正しいのか?
深く考えられないまま、思い込みだけが独り歩きしているこの2つの疑問に対し、実際はどうなのか、どうあるべきかを、そもそも論で考えます。

★阿部氏との対談
「鉄道イノベーションと適正な税金投入により、採算を取りつつ鉄道の利用を拡大できる」と考える(株)ライトレール阿部社長と、「確かに鉄道利用はもっと増やせるが、増やせないとしても道路と鉄道に同等に公費を投入し維持すべきだ」と考える藻谷。

意見には一致するところが多いですが、必ずしも同じではないところもあります。そのあたりを、議論の中で突き詰めていき、「共通認識は何か、相違する部分では何が論点なのか」を聴衆の皆様にそれぞれご理解とご判断をいただきたいと思います。

■場 所
 としま区民センター4階 会議室402(池袋駅東口徒歩7分)
 オンラインの方には入室用のURLをお知らせ

■タイムテーブル
 13:40~14:00 藻谷浩介『新型コロナ禍のいま考える鉄道の価値』
 14:00~14:40 阿部 等『アフターコロナの鉄道イノベーション』
 14:40~15:30 藻谷・阿部対談
 15:40~16:50 リアル参加者のみフリーディスカッション

■参加対象者
 職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■「交通ビジネス塾」とは?
 交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回の
 ペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジ
 ネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■参加費
 リアル参加: 10,000円(20名限定先着順、アーカイブ視聴含む)
 オンライン参加:4,000円(アーカイブ視聴含む)
 アーカイブ視聴:3,000円(開催後に改めてご案内)

■お申込み