(株)ライトレール

交通に関する情報やイベント案内を発信します。

2014年11月

講談社「現代ビジネス」にて、住みたい街2015コーナー【沿線革命】という63回の連載を書きました。

東京圏の鉄道を中心とした交通に関して、構想や計画、また最近の動きを紹介し、さらなる改善の提案をまとめたものです。意表なところでは、大雨時のダムの制御方法の問題点について2回書きました。以下の各テーマ名をクリックすると、それぞれの記事へジャンプします。

東京の交通全般
 【001】2014.11.27 東京の鉄道新路線・新駅は五輪までにこう進化
 【006】2014.12.25 東京駅開業100周年から鉄道の今後100年を考える
 【008】2015.01.01 交通イノベーションによる沿線革命元年、朝日新聞の鉄道報道に異議あり
 【014】2015.01.22 これからの東京を考えるために読者の皆様の声に耳を傾ける
 【051】2015.07.16 新国立競技場の問題とダブって見える東京圏の鉄道計画
 【062】2015.10.01 「JR東日本アプリ」の列車位置情報は何の役に立つ?

上野東京ライン
 【002】2014.12.05 上野東京ラインの開業がもたらす恩恵
 【003】2014.12.11 上野東京ライン開業で混雑緩和も、どうなる上野の未来?
 【004】2014.12.18 上野東京ライン開業で東京以北の利便性をさらに高める提案
 【005】2014.12.22 上野東京ライン開業で浦和は武蔵小杉に続くか
 【029】2015.03.16 上野東京ライン開業でこんなに便利になる、もっと便利にできる
 【030】2015.03.19 上野東京ラインの「座れない」「混雑」「寝過ごし」を「跳ね上げ式座席+ICカード」で解決
 【031】2015.03.24 上野東京ラインの「トラブル波及」「分かりにくい行先」を「やり過ぎない直通運転」で解決
 【032】2015.03.27 上野東京ラインの最先端の建設技術を応用して品川―日暮里を重層化!

湾岸部の交通
 【007】2014.12.29 勝どき、晴海、豊洲・・・人が急増する湾岸部の「鉄道不足」の将来
 【009】2015.01.05 銀座-晴海に路面電車ができる?
 【010】2015.01.08 銀座-晴海のBRT計画の需要予測に問題あり!
 【011】2015.01.12 湾岸の交通を劇的に良くするBRTのルートと運行私案
 【012】2015.01.15 ゆりかもめ延伸、湾岸新地下鉄の可能性は?
 【013】2015.01.19 有楽町から新豊洲まで晴海通り上にロープウェイを!
 【024】2015.02.27 勝どき駅の混雑はダイヤの工夫で大幅緩和!
 【026】2015.03.05 湾岸部の「鉄道不足」をBRTが救う、東京都が中間整理
 【040】2015.04.30 東京都発表の湾岸BRT基本計画は中身より外見優先?
 【043】2015.05.22 「東西線混雑&湾岸部鉄道不足」の解消へ、豊洲-住吉の新線を東京五輪までに
 【044】2015.05.28 人口急増の湾岸部の交通を良くできるか、あと半年が勝負
 【052】2015.07.23 東京臨海部へは地下鉄でなくロープウェイを!

羽田空港アクセス
 【019】2015.02.09 乱立する羽田空港への新しいアクセス鉄道構想一覧
 【020】2015.02.12 羽田空港へは新幹線の新線を作るべきだ!
 【021】2015.02.16 羽田空港への南武線の乗り入れで500万人近くが便利に
 【022】2015.02.19 モノレール東京延伸と7駅増設、将来はスカイツリーへ延伸を!
 【023】2015.02.23 京浜急行と京成電鉄を直結して羽田と成田を近付ける
 【033】2015.03.31 便利な蒲蒲線を安く早く実現するアッと驚く方策
 【034】2015.04.05 羽田空港アクセス鉄道を交通整理して全体最適に

中央快速線
 【025】2015.03.03 中央快速線グリーン車導入に高まる期待
 【027】2015.03.10 グリーン車2両では不足、「千鳥停車」で速くて混まない中央快速線に!
 【028】2015.03.12 中央快速線にグリーン車導入より、早く安く「座れる」を実現

東西線
 【035】2015.04.10 東西線が日本一の混雑路線に!?
 【038】2015.04.20 東西線の日本一の混雑解消へ、南砂町・木場・茅場町などを大改良
 【039】2015.04.23 東西線の混雑と遅延は、ドア閉めと同時の出発だけで目に見えて緩和!
 【041】2015.05.07 東西線のドア閉め完了から出発まで16秒を7秒とできれば遅延がなくなる!?
 【059】2015.09.10 東西線は九段下折り返し線の改良で混雑と遅延を解消できるか?

夜行寝台新幹線
 【055】2015.08.13 新幹線の夜行運行でお盆の混雑は解消できる、山陽新幹線と東北新幹線の事故対策も
 【056】2015.08.20 夜行寝台新幹線なら、こんなに時間を有効活用できる!
 【057】2015.08.27 「北斗星」墜つ、新たな時代のブルトレは夜行寝台新幹線!

その他路線
 【015】2015.01.26 小田急線、代々木上原-向ヶ丘遊園の複々線化完成後のダイヤを考えた
 【016】2015.01.29 小田急線の複々線化を機に「千鳥停車」導入で通勤ラッシュ&遅延を解消!
 【017】2015.02.03 井の頭線の朝夕ラッシュは「千鳥停車」で大幅にサービス改善!
 【018】2015.02.05 「渋谷の出発を23秒早く」他、井の頭線の価値を高める鉄道イノベーション
 【042】2015.05.15 経営危機の湘南モノレールをドル箱路線に

鉄道事故
 【036】2015.04.13 山手線事故の原因は? 折り返しを多く、運転再開を早くできないか?
 【037】2015.04.17 山手線事故、3時間で運転再開できた!?
 【053】2015.07.30 もう遅延はゴメンだ「線路に人立入」と「ダイヤの乱れ」はこうして防げる
 【054】2015.08.06 京浜東北線・桜木町架線断線、埼玉県民への大迷惑はこうすれば防げる
 【063】“世界一の鉄道”に事件・トラブル多発!?

大地震とテロへの備え
 【045】2015.06.05 平日朝8時に首都直下地震に襲われたら鉄道はどうなる?
 【046】2015.06.12 鉄道が平日朝8時に首都直下地震に襲われても被害を最小に
 【047】2015.06.19 鉄道の首都直下地震への備えをさらに考える
 【048】2015.06.25 地震発生! 鉄道をいち早く運転再開させるには
 049】2015.07.02 東海道新幹線 焼身自殺による火災事故 鉄道テロ対策が急務だ!
 【050】2015.07.09 鉄道テロ対策は、手荷物検査より不審者検知・追跡システムを!
 【058】2015.09.03 JR連続不審火、首都直下地震…「防災の日」に鉄道の安全対策を考える

ダム問題
 【060】2015.09.17 鬼怒川の堤防決壊は、上流ダムを適正に管理していれば起きなかった!?
 【061】2015.09.24 鬼怒川の堤防決壊を繰り返さないための上流ダムの操作方法は?

2015.01.22(木)の読者の皆様との意見交換会は大変有意義でした。
 http://light-rail.blog.jp/archives/1016448641.html

■日 時
  2014年11月25日(火) 18:30(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  東京圏通勤電車最新事情と配線よもやま話

■講師
  川島令三(かわしま・りょうぞう)氏
  鉄道アナリスト
  1950(昭和25)年、兵庫県芦屋市(下町の阪神電車沿線)生まれ
  電気車研究会『電気車の科学』編集部に勤務後、
  鉄道図書出版ジェー・アール・アール設立、鉄道配線シリーズ『レールマップ』編集
  1986年『東京圏通勤電車事情大研究』(草思社)から始まり170冊ほど刊行
  講談社からオリジナル線路配線図を描いた【図説】日本の鉄道シリーズ刊行中
  2015年冬までに東海道・中部・山陽山陰・四国九州・東北・北海道ラインを完結
  屋久島の森林軌道を除いた全国の鉄道の配線を網羅予定

今回の講師は、鉄道アナリストの川島令三氏です。

川島氏は、1986年の『東京圏通勤電車事情大研究』(草思社)以来、鉄道に関する著作を多数書かれています。アマゾンで「川島令三」と検索すると、共著を含め本168冊(なぜか最後の3冊は他者の著作、【バーゲンブック】6冊は重複)、DVD4点、Kindle7点がヒットします。また、鉄道の事故や路線案内に関して、各種メディアのコメンテーターとしてしばしば登場されます。

川島氏は、現状の鉄道サービスを利用者目線で厳しく批評し、あるべきダイヤ・車両・設備を提言されてきました。その批評と提言に対して賛否両論がありますが、今後の鉄道を考えるヒントを得る価値は充分に高いと考えます。

このたび、1986年の『東京圏通勤電車事情大研究』と1990年の「新」から24年を経過し、「最新」が11/19(水)に出版されることに合せて講師をお引受け願えることとなりました。

講義では、『最新 東京圏通勤電車事情大研究』をテキストとします。事前に購入して持参するか、会場にてサイン入り本をお買い求め(定価1,836円を特価1,500円)下さい。

今回は、川島氏と少人数で直接お話したいとのご要望にお応えし、通常の懇親会の終了後、さらに別会場にて三次会を開催します。東京圏通勤事情の改善を中心に、鉄道の未来を語り合いたいと思います。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

1つ目の話題として、『最新・東京圏通勤電車事情大研究』を元に、1986年からの約30年間に首都圏の電車事情がどう変ったか、また、どう変えたかをお話します。2つ目の話題として、配線図シリーズの取材・制作の苦労話をお話します。さらに、専門知識が薄いメディアへの説得の苦労等々の裏話をお話します。

■場 所
  豊島区生活産業プラザ(池袋駅東口徒歩7分)8階多目的ホール

■タイムテーブル
  18:30~19:10 講師による講義
  19:10~19:40 参加者の自己紹介
  19:40~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)
  21:30~23:15 三次会(別会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)、三次会3,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下を info@LRT.co.jpへお送り下さい。
---------------------(キリトリ)---------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:
『最新 東京圏通勤電車事情大研究』の当日購入:あり なし
三次会の参加(会場予約のため): あり なし

このページのトップヘ