(株)ライトレール

交通に関する情報やイベント案内を発信します。

2015年08月

※表題の頭が誤って9/15(月)となっていたのを訂正しました。(2015.9.11 20:59)
■日 時
  2015年9月15日(火) 18:30(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  日本の駅サインをわかりやすくする

■講師
  赤瀬達三(あかせ・たつぞう)氏
  1946(昭和21)年生まれ
  1972(昭和47)年、千葉大学 工学部 工業意匠学科卒
  1973(昭和48)年、(株)黎デザイン総合計画研究所を設立し代表取締役、現在に至る
  元千葉大学大学院教授、千葉大学・千葉工業大学・放送大学特別講師
  博士(工学)東京大学
  著書『サインシステム計画学-公共空間と記号の体系』(鹿島出版会、13年)、
  『駅をデザインする』(ちくま新書、15年)など

今回の講師は、(株)黎デザイン総合計画研究所 代表取締役の赤瀬達三氏です。

赤瀬氏は、営団地下鉄~東京メトロ、みなとみらい線、つくばエクスプレスなどの駅や、アークヒルズ、六本木ヒルズ、高松シンボルタワーなどの大規模複合施設のサイン計画に従事されてきました。

地下鉄路線をシンボル化した円形サイン、改札口を緑、入口を白、出口を黄色で示すサイン等を考案され、それまで煩雑だった駅のサインを見やすくすることに大きく貢献されました。

『駅をデザインする』では、日本と海外の駅を比較し、サイン設計の立場から利用者本位の交通システムのあるべき姿を展望しています。

アマゾンには好意的なカスタマーレビューが多数投稿されています。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

人々の鉄道利用を支える設備の一つに案内サインがあります。それは「案内表示」とも「案内標識」とも呼ばれますが、ここではその情報授受機能に着目し、「案内サイン」と呼ぶことにします。案内サインが優れていれば人々の駅利用は一段とスムーズになり、劣っていると困惑が広がり苛立ちの原因になります。

私は1972年に鉄道駅サインにかかわり始めました。赤い○で丸ノ内線、黄の色彩で出口を表す営団地下鉄のサインシステムは、そのとき立案しました。

当日は、①私自身が長年携わった営団サインシステムと横浜駅コモンサインの計画視点を紹介し、②現在のわが国の大規模ターミナル駅サインの設置状況を観察し、③わかりやすい駅サインを得るための考え方とデザイン上の要点についてまとめます。

鉄道駅をハードな設備面ばかりでなく、ソフトな情報コミュニケーションの観点から見直すことが、どれほど利用者に資することになるか、そうした価値観を共有していただければ幸いです。

■場 所
  豊島区立勤労福祉会館5階 第5・6会議室(池袋駅西口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:30~19:10 講師による講義
  19:10~19:40 参加者の自己紹介
  19:40~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下を info@LRT.co.jp へお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)

■日 時
  2015年8月24日(月) 18:30(5分前までに集合下さい)

■テーマ
  鉄道車両の給電・蓄電・駆動技術

■講師
  近藤圭一郎(こんどう・けいいちろう)氏
  千葉大学 工学部 電気電子工学科 教授
  1968(昭和43)年生まれ
  91(平成3)年、早稲田大学 理工学部 電気工学科卒
  (財)鉄道総合技術研究所 入所、主に車両の主回路システム制御を研究
  05年、千葉大学 工学部 電気電子工学科 准教授、15年より現職
  電気学会上級会員、日本鉄道車両機械技術協会技術顧問 等
  著書『鉄道車両技術入門』(オーム社)

今回の講師は、千葉大学 工学部 電気電子工学科 教授の近藤圭一郎氏です。

近藤氏は、1991~2004年に鉄道総研へ勤務し、以下のような研究・開発に従事されました。
 ・浮上式鉄道車両用車上集電PWM整流器
 ・電気車の空転再粘着制御
 ・鉄道車両駆動永久磁石同期電動機の制御
 ・軌間可変電車用主回路システム
 ・鉄道車両駆動用誘導電動機速度センサレス制御
 ・燃料電池の鉄道車両駆動への適用

2005年に千葉大学へ転じ、13年に上梓された『鉄道車両技術入門』では、鉄道車両の種類や構造、駆動の仕組み、設計・製造、保安や運転との関係等を分かりやすくまとめられました。

弊社が運営を担っている工学院大学オープンカレッジ鉄道講座の講師もお務めです。

以下、ご本人からの当日のお話に関するご紹介です。

鉄道は鉄のレール・車輪方式であるが故に、大量高速輸送を可能とし、かつエネルギー効率の高い輸送機関として活躍しています。また、早い段階から電気駆動が行われたことが、それらを実現できた大きな要因です。

しかし電気鉄道には、設備コストと維持コストがいずれもかかり、電力会社に対してもピーク負荷であるなど、技術的に解決すべき課題も多くあります。近年、蓄電装置による電力ピークカットや回生電力有効利用、非接触給電技術を用いたメンテコストの低い給電、効率的な回生ブレーキ制御による回生電力有効利用などにより、こうした課題の解決が図られています。

その結果として、電気鉄道は、電力系統から見たとき、ピーク電力と平均電力の両方を下げた“負荷の優等生”に成り得ます。これは昨今、巷で話題になっているスマートグリッドの目指す方向と同じです。

我々の研究グループでは、電気エネルギーの賢い使い方の実践的検討の対象として、鉄道車両の電気関連技術の研究を続けています。その中で現在大きなテーマが「鉄道車両の給電・蓄電・駆動技術」です。当日は実際の実用例を中心に、蓄電装置応用、非接触給電技術、そして、軽負荷回生制御技術などを紹介します。

■場 所
  豊島区立勤労福祉会館6階 第7会議室(池袋駅西口徒歩7分)

■タイムテーブル
  18:30~19:10 講師による講義
  19:10~19:40 参加者の自己紹介
  19:40~19:50 休憩(軽食を用意)
  19:50~20:40 Q&A+フリーディスカッション
  20:40~21:20 懇親会(同会場にて希望者のみ)

■参加対象者
  職業として交通に関わっているまたはそれを希望している方

■参加費
  社会人3,000円、学生1,000円、懇親会1,000円(希望者)

■「交通ビジネス塾」とは?
  交通分野の第一人者をゲスト講師としてお招きした勉強会で、ほぼ月に1回のペースで開催しています。交通問題の解決を志す同志の出会いの場、交通ビジネスが生まれる場、人材育成の場となることを目指しています。

■お申込み
  以下を info@LRT.co.jp へお送り下さい。
--------------------(キリトリ)--------------------
氏   名:
所属・役職:
質問 など:(当日、印刷・配布します)

このページのトップヘ